ミステリアスな美貌と日本人離れした歌唱力で観客を魅了する歌姫
メゾ・ソプラノ 桜井万祐子 リサイタル
メゾ・ソプラノ 桜井万祐子 リサイタル
イタリアを拠点に活躍する期待の若手メゾ・ソプラノ、桜井万祐子。
ミステリアスな美貌と日本人離れした歌唱力で観客を魅了する歌姫の、
日本初・リサイタル公演。
公演日
2015年4月15日(水)
時 間
開場/18:30 
開演/19:00
会 場
イタリア文化会館 アニェッリホール Tel: 03-3264-6011(代表)
所在地
東京都千代田区九段南2-1-30
出演者
メゾ・ソプラノ : 桜井万祐子
桜井万祐子
プロフィール
1980年愛知県生まれ。2007年、最高得点で名古屋芸術大学声楽科を卒業。同年、東京文化会館で行われた読売新人演奏会に出演。在学中にダリオ・ポニッスィ氏の演出によるビゼー作曲「カルメン」のカルメン役でデビュー。更に、市川市文化会館で行われたマスカーニ作曲「カヴァレリア・ルスティカーナ」のサントゥッツァ役で好評を博す。2008年に渡伊、翌年、ミラノ・ジュゼッペ・ヴェルディ音楽院室内歌曲科に入学。現在はアルフレード・クピード、黒田亜紀子両氏のもとでテクニックとレパートリーの研鑽を積む。
これまでに、2009年、ブリテン作曲「小さな煙突そうじ」ブラッコ役でイタリア・デビュー、2010年、ヘンデル作曲「アーチ、ガラテアとポリフェーモ」ガラテア役、2011年、ロッシーニ作曲「絹のはしご」ルチッラ役でスイス・デビュー、2012年、モーツァルト作曲「フィガロの結婚」ケルビーノ役でルクセンブルク・デビュー、2013年、ビゼー作曲「カルメン」カルメン役でスペイン・デビュー、ヨハン・シュトラウス作曲「こうもり」オルロフスキー役、ヴェルディ作曲「リゴレット」マッダレーナ役を経て、同年、ヴェルディ作曲「レクイエム」のソリストとしてイタリア・アスティ歌劇場でデビューを果たす。
また宗教音楽・現代音楽・室内歌曲のレパートリーも豊富で、これまでにシューベルト作曲のミサ曲ソリスト、ノーノ、ベリオなどイタリア現代作曲家の作品にも携わってきた。
2012年、ルクセンブルクで行われたネイ・シュティンメン・コンクール3位(1位なし)。
今後の活動として、2014年8月13日にトッレ・デル・ラーゴで行われるプッチーニ・フェスティバルで三枝成彰作曲「ジュニア・バタフライ」スズキ役、2015年1月・2月にブルガリア、オランダ、ルクセンブルクを廻るツアー公演で、プッチーニ作曲「蝶々夫人」スズキ役が予定されている。
席種・料金
(税込)
全席自由

一般 : 3000円 
学生 : 1000円

※未就学児はご入場いただけません
曲 目
G.ドニゼッティ :オペラ「ファボリータ」より“おお、私のフェルナンド”
F.チレア :オペラ「アドリアーナ・ルクヴルール」より“甘い喜び、苦い責め苦”
G.ビゼー :オペラ「カルメン」より“ハバネラ”“ジプシーソング”
A.ララ :グラナダ
R.チャピ :セベデオの娘        他


※曲目は変更になる場合があります
曲 目
ジュエリー協賛
ダニエラ・デ・マルキ
後 援
イタリア文化会館
チケット取扱い
株式会社メイ・コーポレーション 三枝成彰OFFICE 
TEL. 03-3584-1951 MAIL: omura@saegusa-s.co.jp