CONCERT

NTT DATA CONCERT OF CONCERTS Opus 24

主催 株式会社NTTデータ

画像

三枝成彰 プロデュース

本コンサートは、NTTデータが皆さまに日頃の感謝をお伝えするため、一般公募形式にて開催を続けてまいりました。
24回目となる今回のコンセプトは「五線譜がいざなう、心揺さぶる情景。」とし、来場いただく皆さまを美しい音楽の世界へご案内します。
タクトを握るのは、2017年の当コンサート指揮者でもあり、国際的に高い評価を受けるダン・エッティンガー氏。日本を代表するコンサートマスターや首席奏者たちが一堂に会する「ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ」が、新しい息吹を感じる旋律を奏で、ご来場いただく皆さまに一夜限りの特別なひとときをお届けします。

公演日
2019年9月18日(水)
時 間
18時15分開場・19時00分開演
会場
サントリーホール
〒107-8403 東京都港区赤坂1-13-1→アクセス
主催
株式会社NTTデータ
企画・構成
三枝成彰、大友直人

出演

指揮

画像ダン・エッティンガー
Dan Ettinger

1971年、イスラエル生まれ。ピアノ、コントラバス、声楽を学び、バリトン歌手としてコンクール優勝、’93年デビュー後、多くのオペラに出演。マルチな才能を生かすため、指揮者に転向。イスラエル歌劇場付き指揮者となり、’99年「ドン・パスクワーレ」でデビュー。’03年、芸術監督バレンボイムによりベルリン国立歌劇場に招かれ、劇場付きカペルマイスターに就任。’04/’05年にバイエルン国立歌劇場、ハンブルク国立歌劇場、ロサンジェルス歌劇場、’07年ウィーン国立歌劇場にデビュー。’09/’10年マンハイム国民劇場の音楽総監督に就任。この他、メトロポリタン歌劇場、コヴェント・ガーデン王立歌劇場、パリ国立歌劇場など世界の主要歌劇場に次々出演。’15年シュトゥットガルト・フィル音楽監督に就任。日本では’04年、新国立劇場でデビュー以来、同劇場に招聘され東京フィルと共演。’15年同団桂冠指揮者に就任。

管弦楽

ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラ
<JAPAN VIRTUOSO SYMPHONY ORCHESTRA>

「ヴィルトゥオーゾ」とは、ラテン語の「VIRTUS(男らしさや美徳の意)」に由来し、もともとは芸術的に優れた徳の高い人を言う言葉であった。現在では、音楽的に抜きんでた優れた技量の持ち主のことをいう。つまり、楽曲の持つ内容を最高の条件とクオリティーで表現する能力を持つ、卓越した演奏家たちのことである。
その「ヴィルトゥオーゾ」たちが集まった、ジャパン・ヴィルトゥオーゾ・シンフォニー・オーケストラは、1992年の活動開始以来、各方面からの注目や賞賛を集めている。

曲目(予定)

R.ワーグナー 楽劇「ニュルンベルクのマイスタージンガー」より第一幕への前奏曲
歌劇「タンホイザー」序曲    
楽劇「ワルキューレ」より <ワルキューレの騎行> 
楽劇「神々の黄昏」より <ジークフリートの葬送行進曲> 
J.ブラームス 交響曲 第4番 ホ短調 作品98

※事情により指揮者・演奏者・曲目等を変更する場合があります。あらかじめご了承ください。
※恐れ入りますが、未就学児童のご来場および、児童だけでのご来場はご遠慮願います。

チケットの取扱いについて (本公演は一般公募形式で、チケットの販売はございません)

チケット申し込み方法  ペア575組(1150名様)を無料ご招待。
WEBまたははがきで応募可能です。
応募者多数の場合は抽選にて決定させていただきます。
>詳しくはこちら
締め切り WEBの場合   2019年7月19日(金)24時
ハガキの場合 2019年7月19日(金)消印有効 

主催・お問い合わせ

TEL:03-3555-2020